債務整理を行う際には、まず現状を正しく把握する必要があります。そんなことは専門家に任せておけばいいと思うかもしれませんが、自分のせいで作ってしまった負債です。
専門家に相談することはいいことですが、全てを任せきり、言いなりというのはどうかと思われます。

次に相談する専門家について、幾つかの例を挙げてみます。
まず真っ先に思いつくのは、やはり弁護士でしょう。
そして多重債務が原因で債務整理を考えている場合においては、金融庁や貸金業協会、消費者生活センター等にも窓口が用意されています。こういった存在さえ知らない方も多く、また知っていたとしても、なかなか頼らない、頼りたくないという人がたくさんいらっしゃいます。

自分のミスによる負債、そして弱みを見せることは、確かに気分が良いものではありません。しかしプライドを守りたいという理由で、事を進めるのが遅れてしまっては、より状況が悪化してしまう恐れがあります。
とにかく早いうちに話を聞いてもらうこと、そして適切なアドバイスを受けることをお勧めいたします。

弁護士事務所の場合、債務整理に限らず大抵の所が初回相談を無料にしています。そして正式に依頼することになった場合においても、弁護士に支払う報酬は出来高制となっています。私の場合は債務整理を広島で依頼しましたが、その時も出来高での支払いをしました。
弁護士への報酬で更に負債が増えるようなことはありませんから、その点は安心して依頼しましょう。そしてパートナーと共に、現状から抜け出す最善の方法を探し出してください。